韓国

  • 製品安全
  • EMC

※規制項目をクリックしてください

概要

韓国へ輸出または製造・販売するには、該当するいずれかの認証を取得または登録し、KCマークを表示する必要がある。電気安全はKATS(Korean Agency for Technology and Standards:技術標準院)、EMCはRRA(National Radio Research Agency:国立電波研究院)にて管理されている。
安全およびEMCが要求される製品は、電気用品安全認証と適合認証/登録の両方を取得しなければならない。

弊社提供サービス

申請資料準備や製品試験、申請手続きをトータルにサポートいたします。

制度

規制内容 製品安全
強制/任意 強制
規制当局 産業通商資源部:MOTIE
技術標準院:KATS
対象製品
  • 安全認証
    • 電線・コード
    • ACアダプタ
    • 照明機器(一般照明器具)など
  • 安全確認
    • 電気スイッチ
    • 家電機器(掃除機)
    • 照明機器(白熱灯)など
  • 供給者適合性確認
    • 家電機器(時計)
    • 照明機器(蛍光ランプ用スターター)など
マーク KC
表示要求
  • 適合性評価マーク(KCロゴ)
  • 識別符号(認可番号/登録番号)
  • 適合性評価を受けた者の商号/商号名(申請者名)
  • 製品名
  • モデル名
  • 製造年月
  • 製造者名
  • 製造国
  • 連絡先
有効期限 なし

申請手続き

申請の流れ 指定認証機関で試験
 ↓
KATSへ申請
 ↓
工場検査
 ↓
認証書交付
所要期間 3~5週間(あくまで目安)
申請資料
  • 申請書
  • 代理人委任状
  • 試験報告書
  • 取扱説明書
  • 回路図
など
製品試験 電気安全
試験規格 韓国K規格
工場検査 安全認証: あり
安全確認及び供給者適合性確認: なし

特記事項

KCマーク識別符号 機器識別、基本認証 情報識別、申請者 情報識別、製品識別の4つの識別番号の構成により成り立っている。近年、機器識別、基本認証 情報識別の定義付が頻繁に改訂されている。
安全認証 安全認証、安全確認、供給者適合性確認に分かれており、供給者適合性確認は欧州CEマーキングのような自己宣言方式である。

用語集

KATS 技術標準院
Korean Agency for Technology and Standards

関連情報

未来創造科学部:MSIP https://msit.go.kr/web/main/main.do
国立電波研究院:RRA https://www.rra.go.kr/ko/index.do
技術標準院:KATS http://www.kats.go.kr/main.do
韓国産業安全保健公団:KOSHA http://www.kosha.or.kr/kosha/index.do