イギリス

UKCAマーキング制度概要

2020年1月31日にイギリスはEUから正式に離脱した。
イギリス政府が公開している情報によると、UKCAマーキング制度の概要は以下の通りである。

EU離脱後の移行期間が終了した後の2021年1月1日以降、製品を英国(Great Britain)市場に投入するためにはUKCAマーキング制度に従う必要がある。

現時点ではUKCAマーキング制度の必須要件、適合性評価プロセス、及び規格はCEマーキング制度とほぼ同等であり、変えられる計画は無い。

2021年1月1日からUKCAマーキングの制度に従う必要があるが、2022年1月1日までは猶予期間として、英国の要件がEUの要件が同じである限り、CEマーキングも使用できる。ただし、以下の全てに該当する製品は2021年1月1日の直後にUKCAマーキングを使用する必要がある。

  • UKCAマーキングを必要とする法律の対象である
  • 強制の第三者適合性評価が必要である
  • 適合性評価が英国の適合性評価機関によって実施されており、2021年1月1日までに適合性評価ファイルが英国の機関からEU認定機関に移管されていない

2020年12月31日より前に製造された既存の在庫品は2021年1月1日以降もCEマークを付けて英国で販売できる。

北アイルランド市場はUKCAマーキングの対象外であり、CEマーキングまたはUK(NI)マーキングを使用する必要がある。

UKCAマーキングにおいては、CEマーキングと同様に以下の文書の作成及び保管が必要である。

  • 技術文書 (Technical Documentation)
  • UK適合宣言書

これらは市場監視当局から要求された場合に提供できるような形式で保管し、製造者または認定代理人によって市場投入後10年間保持する必要がある。

技術文書 (Technical Documentation)

技術文書に含めるべき情報は製品が関係する個々の法律によって異なるが、一般的には以下の記録を保持する必要がある。

  • 製品の設計および製造方法
  • 製品が関連要件に準拠していることがどのように示されているか
  • メーカーの住所と保管施設

UK適合宣言書

UK適合宣言書に必要な情報はEU適合宣言書に現在必要な情報とほぼ同じ。
適用する法律によって異なるが、一般的には次のものを含める必要がある

  • あなたまたは認定代理人の会社の名前と完全な住所
  • 製品のシリアル番号、モデル、またはタイプの識別
  • 製品の法令遵守について全責任を負うことを示す声明
  • 適合性評価手順を実行した承認機関の詳細(該当する場合)
  • 製品が準拠する関連法
  • あなた(代表者)の名前と署名
  • 宣言書が発行された日付
  • 補足情報(該当する場合)

EU離脱後の合意交渉

EU離脱後のイギリス-EU間の交渉は合意に至っておらず、どのような合意に至るか、はたまた、移行期間が終了するまでに合意に至らず合意無き離脱(no-deal Brexit)になってしまうかは確定していない。EU離脱後の合意交渉結果が確定した後、情報を更新予定。

イギリス政府ガイダンス

詳細はイギリス政府Webサイトで公開されているガイダンスを参照ください。

Guidance – Placing manufactured goods on the market in Great Britain from 1 January 2021
(https://www.gov.uk/guidance/placing-manufactured-goods-on-the-eu-market-from-1-january-2021)

Guidance – Using the UKCA mark from 1 January 2021
(https://www.gov.uk/guidance/using-the-ukca-mark-from-1-january-2021)

弊社提供サービス

英国機関や試験所との連携により、最適な対応方法をご提案し、UKCAマーキング対応をサポートいたします。イギリスへの製品出荷に関してお困り事やご不明点があればお問合せください。