セーフティサブアセッサフォローアップ講習会

概要

「機械の包括的な安全基準に関する指針」により、機械の設計・製造段階、及び使用段階において、リスクアセスメントと必要に応じてリスク低減措置を実施することが必要となっています。
しかしながら規格を読んだだけでは、リスクアセスメントについて、「実務に適用できない」または「適用した結果に自信が持てない」などの声が多くあります。
そこで日本認証では、リスクアセスメントの演習を含む機械安全に関する実務的な講習会を行います。
安全・安心な職場の実現のために、機械安全に関する確かな知識と能力を持った人づくりが大切です。機械の安全担当者、生産技術者、機械運用者などの受講をお勧めします。

機械安全実務講習会パンフレット

またセーフティサブアセッサ試験のための講習としても適切な内容となっています。
セーフティサブアセッサ試験日程について

厚生労働省通達カリキュラム 生産技術管理者に適合

厚生労働省通達「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について」(平成26年4月15日付け基安発0415第3号)の生産技術管理者に対する機械安全教育カリキュラムにも適合しています。 なお、設計技術者には40(30)時間の教育を求めていますので、本講習に加え機械安全実務講習会[応用コース]の受講をおすすめいたします。

厚生労働省通達(基安発0415第3号)設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について

主な対象者

  • 機械メーカ及び機械ユーザの安全担当者、生産技術者、機械運用者
  • リスクアセスメントを社内に導入する安全管理者
  • リスクアセスメント・安全改善に携わる機械オペレータ、保守担当者

プログラム

セーフティサブアセッサ資格取得に必要な知識習得を2回の講習で習得できるプログラムになっています。
・ 基本講習2は、基本講習1を受講された方もしくは、同等の知識をお持ちの方が受講して下さい。
・ 基本講習1と基本講習2は、できるだけ連続して受講願います。
・ 基本講習1のみ、基本講習2のみの受講も可能です。

講習時間  9:00~18:00

講習 講習項目 関連規格他 講習内容
基本講習1 基本安全規格 ISO/IEC Guide51 ISO/IEC Guide51(基本安全規格)やISO 12100(機械類の安全性?設計のための一般原則?リスクアセスメント及びリスク低減)の概要をはじめ、ガードとインターロック、IEC 60204-1(機械類の安全性?機械の電気装置?)など、機械安全に関して必須となる基本的事項について理解することができます。
リスクアセスメント及びリスク低減 ISO 12100
ガードとインタロック・安全距離 ISO 14119, 14120, 13854, 13855, 13857
機械の電気装置 IEC 60204-1
制御システムの安全関連部 ISO 13849-1
機械安全の安全原則 ISO 12100, 14118
技術者倫理
国内法令関係
機械安全対策事例
残留リスクの通知
基本講習2 リスクアセスメント及びリスク低減 リスクアセスメント実務実習 リスクアセスメントを実施するためのポイント及び実習により、リスクアセスメントに関する実務能力を身に付けることができます。
リスクアセスメント実習Ⅰ
リスクアセスメント実習Ⅱ

受講料

  • 基本講習1、基本講習2とも、各々¥19,440(税込)

日程と会場

講習会日程と受講案内ダウンロード」を参照ください。

団体講習について

10名以上なら任意の日程に企業・団体へ講師を派遣して講習を実施することも可能です。
また、定型プログラム以外にもご希望に応じて、個別メニューの講習も実施可能です。
団体講習会は随時実施可能ですが、準備期間含め講習内容や費用等の詳細は別途打合わせの上、決定します。
まずは下記までご連絡ください。

お問い合わせ Email:workshop@j-cert.com