講師養成講座

概要

セーフティアセッサ資格者の皆様から、「社内・社外で機械安全セミナの講師をしているが期待通りの成果につながらない。」「講師をやろうとしているが不安がある。」という声を伺います。自分が良く知っていることでも、講師として人前で話をすると受講者に上手く伝わらないことが多いのではないでしょうか?
この講座ではそのような方を対象として、「講師として注意すべき点、話すコツ」と「機械安全に特化した重点ポイント」を講義いたします。その後2回の実習を通して、実践スキルを身に着けていただきます。

講師養成講座パンフレット

主な対象者

  • セーフティアセッサ(SSA/SA/SLA)資格者で、社内外で講習会講師を実施される方

プログラム

時間 科目 内容
10:00~17:30 講師一般論 講師として必要な一般的な知識について講義します
機械安全講師特論 機械安全を教える上でのポイントについて講義します
講師実習1回目 各人1テーマ数分間で講師実習をしていただきます
その内容について、講師及び他の受講者がコメントをします
講師実習2回目 1回目のコメントを受け2回目の講師実習をしていただきます
※2回の実習風景はビデオで撮影し、講座終了時に受講者全員にメモリーカードでお渡しいたします。
 声の大きさ、話の速さ、話すときの仕草等を客観的に振り返り、また他の受講者と比較することで、改善ポイントをご自身で確認することができます。

講習会の実施

2019年度講師養成講座については現在検討中です。決定次第掲載します。