機械運用安全分野について

機械安全は設計者だけが理解していても効果が上がりません。
機械を使用する立場の方も、機械安全を理解し、設計者とリスクコミュニケーションをとることが非常に大切です。
この使用者と設計者のリスクコミュニケーションを助けるための資格がSBA機械運用安全分野です。

SBA機械運用安全分野 資格制度パンフレット

機械運用安全分野による問題解決

SBA機械運用安全分野はこのような問題を解決します。

機械運用安全分野の特徴

SBA機械運用安全分野は次のような特徴があります。

1日で試験+講習

  • 1日講習で知識習得が可能です
  • 生産現場の経験がない人にも内容が理解できます
  • 講習を受けた後、すぐ試験を受験でき、1日で効率よく資格が取れます

海外でも地方でも実施可能

  • JC講師が海外にも地方にも出張対応します
  • 従って、受験者の移動費用、時間の節減が図れます
  • 希望の時期に設定可能です

社内SA資格者が講師担当可能

  • 社内のSA資格者が講師を担当すれば、費用の節減になります
  • 講習会はJCが用意するプログラムに従って行え、企画の手間が軽減できます
  • 自社レベルに最適化可能です

オプショナル講習会

  • 講習内容を実機で体感できます
  • 実習により理解度を向上できます
  • 事故事例に基づく講習が受講できます

下記のようなプログラムを用意していますが、ご希望に応じてオリジナルのプログラムも作成できます

講習例 内容 時間(目安)
ロールプレイ講習 機械安全のポイントを、役割練習で学びます。 1.5〜2時間
安全コンポーネント講習 デモ機を用い、安全コンポーネントの動作と意味を実習します。 2〜3時間
リスクアセスメント講習 想定したケースをもとに、リスクアセスメントを実習します。 2〜3時間
事故事例分析 実際の事故事例をもとに、有効な安全方策について分析します。 2〜3時間