セーフティアセッサFAQ

Q1. セーフティアセッサ(SSA,SA,SLA)資格を取得したらどんなメリットがありますか?

2006年4月に施行された改正労働安全衛生法には「第28条の2:危険性・有害性等の調査及び必要な措置の実施」としてリスクアセスメントの実施と安全対策に関する指針が出されています。またグローバル競争時代を勝ち抜く日本の製造業には機械装置などの生産システムにおける安全の構築と妥当性確認を行える人材、つまり「セーフティアセッサ(SSA,SA,SLA)資格」が必要です。たとえば、以下の場面でセーフティアセッサが活躍できます。

  1. (1)事故、災害発生後の安全方策の妥当性を判断できる。
  2. (2)海外へ自社装置・製造システムを輸出しなければならないが、国際安全規格に基づく設計に対応できる。
  3. (3)第三者機関に指摘された改善事項に対応しやすい。
  4. (4)新人設計者への安全に関する技術伝承のために教育カリキュラムを活用できる。
  5. (5)労働安全マネジメントシステム導入の素地ができる。
  6. (6)機械安全の知識を社内外に広めることができる。
  7. (7)改正労働安全衛生法でリスクアセスメントを要求されているので、その対応が容易にできる。

また、セーフティアセッサ(SSA,SA,SLA)資格者が在籍する企業は「安全」を通じたイメージアップが図れます。

Q2.この資格制度は国家資格ですか?

この資格制度は国家資格ではありません。

Q3.セーフティアサブセッサ(SSA)、セーフティアセッサ(SA)、セーフティリードアセッサ(SLA)資格認証試験はだれでも受験できますか?

セーフティサブアセッサ(SSA)とセーフティアセッサ(SA)資格認証試験は、どなたでも受験できます。
セーフティリードアセッサ(SLA)資格認証試験は、セーフティアセッサ(SA)資格認証者で一年以上の実務経験者であることが受験資格として求められています。

Q4.誰が資格を認証するのですか?

評価專門委員会が試験実施内容と結果の確認を行ない、安全の有識者で構成する第三者機関である資格認証委員会が試験結果を合否判定基準に照らし適格性を認証します。

Q5.リスクアセスメントは、セーフティアセッサ(SSA、SA、SLA)の資格を持っていないとできないのでしょうか?

法的には定められておりません。顧客によっては専門知識をもった人にリスクアセスメントを実施するよう要求されるケースもあります。セーフティアセッサ(SSA、SA、SLA)資格があれば、その点有利といえます。

Q6.セーフティサブアセッサ(SSA)には必要な知識要件は?

セーフティサブアセッサ(SSA)に要求される知識は下記です。

  • 基本安全規格 ISO/IEC Guide51
  • リスクアセスメント及びリスク低減 ISO12100
  • ガードとインタロック・安全距離 ISO 14119,14120,13854,13855,13857
  • 機械の電気装置 IEC 60204-1
  • 制御システムの安全関連部-第1部 ISO 13849-1
  • 機械安全の安全原則 ISO 12100,14118
  • 技術者倫理
  • 国内法令関係
  • 機械安全対策事例
  • 残留リスクの通知

詳細については、セーフティアセッサ資格認証基準(NECA 0901:2016)を参照ください。
NECA

Q7.セーフティアセッサ(SA)には必要な知識要件は?

セーフティアセッサ(SA)では、セーフティサブアセッサ(SSA)に加えて下記が要求されます。
・ 制御システムの安全関連部-第2部 ISO 13849-2
・ E/E/PES制御システムの機能安全 IEC 62061

詳細については、セーフティアセッサ資格認証基準(NECA 0901:2016)を参照ください。
NECA

Q8.セーフティサブアセッサやセーフティアセッサ受験の独習用のテキストはありますか?

現在、日本認証発行のテキストはありません。
一般的な書籍、講習会をご利用ください。当社実施の機械安全実務講習会[基本コース]、[応用コース]でも必要な知識習得をはかることが可能です。

Q9.試験の過去問題集はありますか?

過去問題集はありません。また過去問題は公表していません。

Q10.セーフティサブアセッサの試験結果で、具体的な点数を教えてもらえませんか?

規定により 受験者には得点はお教えできません。

Q11.2016年12月のセーフティアセッサ(SSA、SA)試験の変更点について教えてください。

「セーフティサブアセッサ学科試験免除条件及びセーフティアセッサ受験資格の変更について」にてご確認ください。

Q12.D-SOSTAPの基礎6講座を受講しました。
セーフティサブアセッサ(SSA)試験の学科試験免除はいつまで有効ですか?

従来はD-SOTAP基礎6講座を受講した人の学科試験免除を行なっていましたが、これを廃止します。但し、2017年7月28日及び2018年1月26日の試験日に受験する場合に限っては、講習会受講による学科試験免除を適用します。この場合、全ての講習会は、試験実施日からさかのぼって3年以内に受講しているものとします。

Q13.D-SOSTAPの基礎6講座を2017年に受講しようとしています。
セーフティサブアセッサ(SSA)試験の学科試験免除となるのでしょうか?

2017年7月28日及び2018年1月26日の試験日までに受講済であれば、学科試験免除となります。

Q14.D-SOSTAPの基礎6講座を5講座まで受講済で2017年に残り1講座を受講予定しています。
セーフティサブアセッサ(SSA)試験の学科試験免除となりますか?

2017年7月28日及び2018年1月26日の試験日までに受講済であれば、学科試験免除となります。

Q15.D-SOSTAPの基礎6講座の受講が申込時点で全て終わっていません。
セーフティサブアセッサ(SSA)試験の学科試験免除となりませんか?

試験日前日までに6講座を受講すれば学科試験免除となります。
また受講確認については試験申込時の注意事項をご確認ください。(注意事項へリンク)

Q16.受験費用振込みに際し、請求書は発行されますか?

原則として請求書・領収書は発行いたしません。貴社経理システム上、請求書がご入用の場合は、お手数ですが資格認証試験の請求書申込ページからお申込みください。尚、お振込み後の領収書も原則として発行しておりませんので、金融機関発行の振込明細で代用をお願いします。
請求書申込ページ

尚、お振込み後の領収書も原則として発行しておりませんので、金融機関発行の振込明細で代用をお願いします。

Q17.請求書に記載の振込期限までに振込ができません。どうしたらいいでしょうか?

請求書下部にある振込連絡票にて振込予定日を連絡ください。
 メール:safety12100@j-cert.com
 FAX:06-4807-3350
もし連絡いただいた日を過ぎても入金がない場合は、督促の連絡をします。

Q18.「受験費用は申請者名でお振込みください」とありますが、会社からの振込みになるため、
申請者名を記載できません。会社一括で振り込んでもいいですか?

会社一括でのお振込みなど、お振込みに際し 申請者様のお名前が明記されない場合は、お手数ですがSA専用Eメールアドレスsafety12100@j-cert.comまでご一報ください。同じ会社で複数の方が受験される場合、会社名からのお振込みになりますと どなたの分のお振込みかが弊社側で判明できないため、何卒ご協力をお願いいたします。

Q19.WEBサイトから試験申込込みを行ったのですが、受付完了メールが届かないのですが?

お申込時に入力いただいたメールアドレスが間違っている可能性があります。
下記まで問合せ下さい。
 日本認証㈱ セーフティアセッサ担当
  メール:safety12100@j-cert.com
  電話:06-4807-3337

Q20.受験申込者数が定員となって申込を締め切ることはありますか?

余裕を持って会場の手配をしていますが、定員数に達した場合は申込期限前に締め切る場合があります。

Q21.受験の申込み後に受験会場を変更することはできますか?

いいえ、お申込み後の受験会場の変更はできません。十分にご検討のうえ、お申込みください。

Q22.受験キャンセルはできますか?

キャンセルする場合は、試験日の1週間前(例えば試験日が3月31日(金)の場合は3月24日(金))の17:00までに、必ずメールもしくは電話にて連絡願います。
日本認証㈱ セーフティアセッサ担当
  メール:safety12100@j-cert.com
  電話:06-4807-3337
連絡をいただいた場合は、受験料から手数料1000円を差し引いた金額を返金します。

試験日の1週間前の17:00を過ぎての連絡の場合、及び当日欠席された場合は、理由の如何に関わらず返金できません。次回以降の試験への充当もできません。

自然災害、交通機関の遅延等、不可抗力の影響によって試験が受けられなかった場合も、受験料の返金は行いません。
ただし、状況により、試験を実施することが適当ではないと日本認証が判断した場合に限り、一部又はすべての会場において試験を中止にする場合があります。この場合、日本認証が定める期間内に受験料返金の措置を行います。ただし、試験中止に伴う受験者の不便、費用、その他の個人的損害については何ら責任を負いません。

Q23.セーフティサブアセッサ(SSA)の合格点及び採点基準は?

学科試験とケーススタディ試験において、評価専門委員会が設定する基準点に達した方が合格者として推薦され、セーフティアセッサ認証委員会の承認を得て認証が与えられます。

Q24.SA資格者の個人情報管理はどうなっていますか?

お預かりしました個人情報は当社の個人情報保護方針に基づき、適切に管理いたします。
また、日本認証のWEBサイトはグローバルサインによる通信のSSL暗号化により、盗聴、改ざん、成りすまし等のリスクを回避していますので、安心してアクセスしていただけます。

Q25.更新の不合格(落第)はありますか?

毎年サーベイランスレポートを提出し、資格ごとに決められた点数をクリアしている場合は、落第はありません。
更新に必要な書類に不備、不足点がある場合には、当方より個別にご連絡を差し上げますのでご安心ください。

Q26.サーベイランス提出にあたり、何か費用は発生しますか?

サーベイランスのご提出にあたりましては、費用は発生いたしません。

Q27.セーフティアセッサ(SSA、SA、SLA)資格取得後、転勤になりました。連絡先などの変更の報告が必要でしょうか?

セーフティアセッサ資格保有者の方へは、講習会、資格更新・サーベイランスレポート提出などの各種ご案内など重要な連絡を行いますので、 連絡先などが変更となった場合は必ずご連絡願います。
WEBサイト内の各種申込の中の”セーフティアセッサ資格者情報変更申込”ページよりお申込いただけます。

資格者情報変更申込ページ
Q28.SA協議会に加入していません。今からでも加入することができますか?

SA協議会はセーフティアセッサ資格認証制度のいずれかの資格(SSA、SA、SLA)をお持ちの方はどなたでも加入できます。SA協議会のトップメニューの「入会申込」からお申込みください。

関連先リンク
Q29.機械安全実務講習会(基本コース)とは何ですか?

リスクアセスメント実習を含む機械安全の実務を学ぶ講習会です。
厚労省通達の「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について」の生産技術管理者に対する機械安全教育カリキュラムに適合しています。またセーフティサブアセッサ資格に求められる知識習得も可能な内容となっています。

詳細はこちら