機械安全実務講習会

概要

「機械の包括的な安全基準に関する指針」により、機械の設計・製造段階、及び使用段階において、危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)を行い、必要に応じてリスク低減措置を実施することが必要となっています。
しかしながら規格を読んだだけでは、リスクアセスメントについて、「実務に適用できない」または「適用した結果に自信が持てない」などの声が多くあります。
そこで日本認証では、リスクアセスメントの演習を含む機械安全に関する実務的な講習会を行っています。
安全・安心な職場の実現のために、機械安全に関する確かな知識と能力を持った人づくりが大切です。機械の安全担当者、生産技術者、機械運用者などの受講をお勧めします。

機械安全実務講習会パンフレット
※講習内容は、セーフティサブアセッサフォローアップ講習会と同じになりますので、セーフティサブアセッサの資格の受験準備講習としても受講できます。

厚生労働省通達カリキュラム 生産技術管理者修了証発行

厚生労働省通達「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について」(平成26年4月15日付け基安発0415第3号)の生産技術管理者に対する機械安全教育カリキュラムに適合していますので、この講習会の受講者は、生産技術管理者教育修了証を取得することができます。

厚生労働省通達(基安発0415第3号)
設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について

主な対象者

機械メーカ及び機械ユーザの安全担当者、生産技術者、機械運用者

講師

セーフティアセッサ、長岡技術科学大学機械安全コース卒業の講師陣。

受講料

  • 37,800円(税込)
  • 2日間あわせた費用です。
  • テキスト代を含みます。

日程と会場

<前期>

日程 会場 定員
2015年5月16日(土) ~17日(日) 浜松 30名
2015年5月23日(土) ~24日(日) 広島 30名
2015年6月5日(金) ~6日(土) 大阪 第1回 50名
2015年6月12日(金) ~13日(土) 東京 第1回 50名
2015年6月20日(土) ~21日(日) 名古屋 第1回 50名
2015年7月4日(土) ~5日(日) 大阪 第2回 50名
2015年7月11日(土) ~12日(日) 東京 第2回 50名

<後期>

日程 会場 定員
2015年10月10日(土) ~11 (日) 郡山 30名
2015年10月17日(土) ~18日(日) 富山 30名
2015年10月30日(金) ~31日(土) 大阪 第3回 50名
2015年11月6日(金) ~7日(土) 東京 第3回
(定員のため申込締切ました)
50名
2015年11月21日(土) ~22日(日) 北九州 30名
2015年11月28日(土) ~29日(日) 名古屋 第2回 50名
2015年12月12日(土) ~13日(日) 大阪 第4回 50名
2015年12月19日(土) ~20日(日) 東京 第4回 50名

<申込期間>
前期は3月から、後期は8月から申込み可能です。締切は各講習日の3週間前です。

プログラム

科目 項目
第1日目
9:30~17:30
  • 1.機械安全概要
  • 1-1 機械安全の背景
  • 1-2 安全とリスクの概念
  • 1-3 国際規格と認証
  • 2.技術者倫理と関係法令
  • 2-1 技術者の果たす役割
  • 2-2 国内外の法令
  • 3.リスクアセスメントとリスク低減
  • 3-1 リスクアセスメント
  • 3-2 3ステップメソッド
  • 3-3 電気安全
第2日目
9:00~17:30
  • 4.リスクアセスメントの実務
  • 4-1 リスクアセスメントのポイント
  • 4-2 危険源の分類と事例
  • 5.リスクアセスメント実習Ⅰ
  • 6.リスクアセスメント実習Ⅱ

お申込み

お申込み時の注意事項はこちら

お申し込みはこちら

団体講習について

10名以上なら任意の日程に企業・団体へ講師を派遣して講習を実施することも可能です。
また、定型プログラム以外にもご希望に応じて、個別メニューの講習も実施可能です。
団体講習会は随時実施可能ですが、準備期間含め講習内容や費用等の詳細は別途打合わせの上、決定します。
まずは下記までご連絡ください。

お問い合わせ Tel:06-4807-3337 Email:workshop@j-cert.com